珍事件???

今日は、時折小雨の降る肌寒い日でしたね。
夕方の6時頃、川端教室のドアがバタン・・バタン・・と開閉する音がするので、「強風でドアが開いたのかな?」と覗いてみると?小さな子どもがドアに挟まれそうになっていて、びっくり~(>_<)

何か伝えようとしているようですが。。。寒さで震えているし、話している言葉が理解できなくて。。。 まわりにおやごさんがいる様子はなく、「もしかして?この子は迷子???」 こんな体験は初めてなので、警察と永山教室に連絡しました。

警察の方もびっくりしていましたが、お子さんの服装を聞かれて上から順番に答えていると、「長靴に名前が書いていませんか?」との質問。 しかし、名前はどこにも書いておらず。 5分後、警察から連絡があり「今、お母さんと警察が向かってますので、保護していてください。」と。やはり、お母さんも警察に連絡していたんですね~。 (>_<)

年齢が3歳としかわからず。。。ジュースとおせんべいを食べてもらいながら、お迎えを待ちつつ・・・「急いで食べると喉がつまるから、ゆっくり食べていいよ~♪(余計なお世話ですね~)」などと、少しずつ緊張もほぐれて会話もはずんだ頃、6時20分にお母さんが来てくれました!こんなに早くお母さんが来てくれて、お子さんもホッとした様子。ほんとに、良かったですね~。(*^。^*)
警察の方も「早く見つかってよかったですね~」と笑顔が輝いていました。
話によりますと?お子さんは、すぐ近くの洋服屋さんから来たようです。お子さんの「ウサギのとこ・・・」と言っていたのは?屋根のウサギの看板のことだったんですね~~~^_^;

夜の授業も終わって、永山のあさのから「迷子の子どもはどうなりましたか?」と連絡がありました。授業している間に珍事件も忘れていた私です・・・

みなさんも仕事をしていますと、いろいろな珍事件があると思いますけど・・・
私たちもこんな珍事件は初めてだったので、報告させていただきました!(#^.^#)
[PR]
by nagayamakyousitu | 2005-03-18 00:00 | 教室
<< 雪国ならではの? 招福 がままんじゅう♪ >>